2011年2月

以前、非同期トラッキングコードについての記事をご紹介させていただきましたが、
非同期トラッキングコードを使用する際、eコマースレポートや複数ドメイン用のカスタマイズ、イベント トラッキング等でオプションの関数を導入している場合は、非同期トラッキングコード用関数への変更が必要になります。

意外と見落とされがちですので、ここで詳しくご紹介させていただきたいと思います。