eコマース機能対応ショッピングカートの追加

| コメント(0) | トラックバック(0)

以前ご紹介した、「eコマース機能対応レンタルショッピングカートについて」ですが、実装するカートさんが増えましたので追記でご紹介いたします。
この記事は最新情報を随時追記いたしますので
随時更新されますことをご了承ください。

ショッピングカート対応可否表を作成しました。(2011/3/7)
ご自由にダウンロード下さい。↓↓↓

ショッピングカート対応可否表  ショッピングカート対応可否

但し、ご覧いただくにはAdobe®Reader™が必要となります。Adobe®Reader

以下は古い記事の内容になります。
-----------------------------------------------------------------------------------------

以下の4社については、「eコマース機能対応済み」として先のブログでご紹介しましたが、
追記で補足させていただきます。

  • Future Shop2(株式会社フューチャースピリッツ)
    http://www.future-shop.jp/
  • マルチドメインカート(株式会社SAVAWAY)
    http://mdc.e-savacity.com/index.html
  • マーケギア(株式会社NTTデータキュビット)
    http://www.cubit.co.jp/shopgear_system.html
    Analytics「eコマース」レポート内での
    「商品名」「SKU」「カテゴリ」の出力が不可の様です。
    詳しくは該当会社にご確認下さい。
  • Xcart(株式会社アイティーブースト)
    http://www.xcart.jp/
    Analytics「eコマース」レポートでの金額出力には問題ありませんが、
    共有サーバをご利用の場合、ドメインがxcartドメインに切り替わるため、
    お客様の方で複数ドメインの解析設定が必要になります。
    尚、2010年1月末、Xcart様で複数ドメインの解析対応を予定しております。

    2010/2/3以降、複数ドメイン設定にも対応なさり
    正式にeコマース対応を実現されたようです。
    詳しくは該当会社にご確認下さい。

次に、最近対応しましたカート会社さん一覧です。

  • 豊作くんカートサービス(豊作プロジェクト株式会社)
    http://cartservice.housaku.net/
    2010/1/22よりGoogle Analyticsの「eコマース機能」に対応しましたと
    メールマガジンで告知しております。
    詳しくは該当会社へご確認下さい。
  • ショップサーブ(株式会社Eストアー)
    http://estore.co.jp/
    eコマース機能対応を発表されました。
    ※サイトサーブは対象外です。
    詳しくは該当会社様にご確認ください。
  • MakeShop(GMOメイクショップ株式会社)
    http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000499.000000136.html
    eコマース機能対応を発表されました。
    詳しくは該当会社様にご確認ください。

次に、カスタム対応(別途有償)をお願いすれば対応可能なカート会社さん一覧です。

最後、独自でカスタムが可能なカートです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.saorim.com/mt/mt-tb.cgi/21

コメントする