eコマース機能と対応ショッピングカート

| コメント(0) | トラックバック(0)

eコマース機能とはどんなものか、
対応しているショッピングカートはどこなのかなどについてご紹介します。
※この記事の対応ショッピングカート情報は最新ではありません。
最新情報はこちらの記事をご確認下さい。⇒eコマース機能対応ショッピングカートの追加

Google Analyticsの画期的な機能の1つとして、
ECサイトの場合、決済金額も併せて解析できるという点です。

通常、解析ツールというのは、決済システムと連動していませんので、
解析結果は解析ツールで、決済金額は決済システムでしか参照できません。

しかし、Google Analyticsの場合、決済システムから金額を送ってくれさえすれば、
その金額を取得して、ログと併せて解析レポートに出力してくれます。

これが実現できると、単純にいくら売り上がったということだけではなく、
どこから訪問したユーザーが、どのキーワードで訪問したユーザーが、
売り上げに結び付きやすいのかということまで詳細に確認でき、
集客やサイト改善に大いに役立つ情報が得られるのです!

eコマース機能

eコマース機能


それでは早速何をしたらいいのか見ていきましょう。
eコマース機能を利用するためには、以下2つの作業が必要です。

(1)プロファイルの「eコマースサイトです」にチェックを付ける。

↑これについては「5.プロファイルの設定(2)」を参照ください。
(2)注文完了画面に金額情報を出力する。

(2)についてご説明しますね。
「注文完了画面に金額情報を出力する。」というのは、
決済システムが持っている金額情報を、注文完了ページを通して、
GoogleAnalyticsサーバに送ることを意味しています。
これによってAnalyticsが売上金額を取得できるというわけです。

但し、これは動的なページの変更になりますので、単純にHTMLページを修正するのとは違い、
システム変更というレベルになります。

また、金額情報を持っているのは、多くはショッピングカート側になるでしょう。
そうなると、ショッピングカートの運営会社が、GoogleAnalyticsに情報を送る機能を追加する必要が出てくるわけです。

eコマース機能


多くのECサイトさんは、ここで頭を抱えます。
自分たちの使用しているカートが、このAnalyticsのeコマース機能に対応しているのかどうか、と。

というわけで、現時点でこのGoogleAnalytics「eコマース機能」に対応済みのショッピングカートを以下に記載いたしました。
ご参考ください。
詳しいご説明については各ショッピングカート会社様へお願いいたします。


よくご質問頂くカート会社様の対応状況についてもご紹介します。

  • SHOP-Maker(ASPインターネット株式会社)
    http://www.shopmaker.jp/
    注文完了画面にタグを挿入することができますので、
    eコマース機能(2)カスタマイズ方法」を反映すれば金額を取得する事が可能です。
    但し、このシステムは異ドメイン間の接続が実現できませんので
    (cookie情報を含んだパラメータが削除されてしまう)
    金額と参照元、キーワードなどを結びつけて参照することができません。

  • 喜信堂(株式会社喜信堂)
    http://www.kishindo.co.jp/netlink/
    喜信堂様の方でカスタマイズ対応をされていますので、有償で対応をお願いすることが可能です。
    詳しくは先方へお問い合わせ下さい。

  • Eストア関連「ショップサーブ」「サイトサーブ」(株式会社Eストアー)
    http://estore.co.jp/
    ユーザーさんの数は非常に多いですが、現在の処未対応となっております。

  • MakeShop(GMOメイクショップ株式会社)
    http://www.makeshop.jp/
    こちらも対応予定は未定とお聞きしております。


上記以外のショッピングカート会社様にも多数ご確認させていただきましたが、
やはりまだこのeコマース機能に対応してくださる会社様は少ない様です。

これだけGoogle Analyticsが世の中に浸透してきた今、
それに沿って対応カート会社様が増えてくれることが願いです。
おそらくカート会社様にも結果的にユーザーさんが増えてメリットはあるでしょうからね!

その他カート会社様対応状況につきましては、以下書籍に掲載させていただきましたので
ご興味のある方はご覧いただければと思います。汗
⇒ECサイト4モデル別 GoogleAnalytics経営戦略

次章では、独自のショッピングカート、
あるいはオープンソースのショッピングカートを利用しており、
カスタマイズが可能です、という場合の対応方法をご紹介します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.saorim.com/mt/mt-tb.cgi/11

コメントする