複数のドメインにまたがるサイトの追跡方法

| コメント(0) | トラックバック(0)

複数のドメインをまたぐサイトを追跡する方法をご紹介します。

先に補足しておきますが、
eコマース機能(1)eコマース機能と対応ショッピングカート
でご紹介した、以下のショッピングカートをご利用の方は
カート側が既に対応済みですので、この作業を行う必要はありません。

  • Future Shop2(株式会社フューチャースピリッツ)
  • マルチドメインカート(株式会社SAVAWAY)
  • マーケギア(株式会社NTTデータキュビット)

その他カートや、カートを利用せずとも、
複数のドメインにまたがるサイトを運用している場合にご参照ください。

では、具体的にどの様な作業をしたら良いのかをヘルプに沿ってご紹介します。

まず、該当のAnalyticsヘルプはこちらです。
複数のドメインにまたがるサイトにトラッキング コードをインストールする
http://www.google.com/support/googleanalytics/bin/answer.py?hl=jp&answer=55503


(1)全てのページのトラッキングコードに以下赤字の2行を追加します。

  • pageTracker._setDomainName("none");
  • pageTracker._setAllowLinker(true);

全体のイメージは下図をご参照下さい。

複数ドメイン


(2)次に、ドメインが変わる前の直前ページ、
つまり別ドメインにリンクするページのリンク元全てに関数追記を行います。

例えば、「http://www.mysite.jp/」から「https://www.shopcart.jp/ 」
に遷移する場合でご説明しますね。

下図で言うと、左側の商品詳細ページが関数追記対象ページです

複数ドメイン


追記する関数は、タグによって2種類あります。

<a>タグでリンクしている場合は、<a>タグの中に
onclick="pageTracker._link(this.href); return false;"」を挿入して下さい。

<form>タグでリンクしている場合は、<form>タグの中に
onSubmit="javascript:pageTracker._linkByPost(this)"」を挿入して下さい。

複数ドメイン


別ドメインにリンクしている全てのページと、
その全てのリンク元をこのように変更しますので
かなり労力は必要かと思いますが、必ず漏れがないよう反映して下さい。
漏れがあると、そこをクリックされた時は、やはりセッションが切れてしまいます


(3)最後に、(2)で関数を追記した全てのページのトラッキングコードを、移動します。
現在は<body>の直前に貼ってあると思いますが、
これを<head></head>の中に移動して下さい。
(トラッキングコードの中に含まれる_gat._getTracker関数が
追記した_link関数や_linkByPost関数より上に配置されている必要があるためです。)

複数ドメイン

作業が完了したら、数日後にアクセスログレポートを参照して確認しましょう。
参照元レポートやキーワードレポートの、コンバージョンタブやeコマースタブに
値が反映されていれば成功です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.saorim.com/mt/mt-tb.cgi/14

コメントする